月別アーカイブ: 3月 2019

事業資金とは?

事業資金とは?

事業資金とは、経営者が事業を開始、継続、拡大するために必要とする資金のことです。

事業を開始するとなるとどうしても設備投資が必要になります。小さな居酒屋を立ち上げるだけでもテナント料、改装費、椅子やテーブルなどの設備、厨房設備、空調設備などの費用が必要になります。

もちろんスタッフを雇うのであれば給料が必要ですし、広告も打たなければなりません。どれだけ少なく見積もっても500万円以上の資金がかかるわけです。

事業の継続にも資金が必要です。というのは、物が売れたとしてもすぐにお金が入ってくるわけではなく、売掛金として後日回収になることが多いからです。
それでも次の商品を入荷しておかなければいけませんので、どうしても資金が必要になります。

ある程度商売が軌道に乗ればこの問題は解決するのですが、時として取引先が資金難に陥って支払いがストップしてしまう・・・ということもこのご時世では珍しくありません。そうなると、織り込んでいたはずの資金が入りませんので、パンクの心配が出てくるわけです。

もちろん、この不況の時代を事業拡大によって乗り切ろうという場合も設備投資が不可欠ですので事業資金が必要になります。この事業資金、自己資金だけで賄えれば言うことはありません。

しかし、数百万円単位の資金を自分の貯金から出せるという人は殆どいないでしょう。それなので、結局融資に頼るほかないのが現状であり、「事業資金=事業融資」である場合が殆どなのです。借入が必要な場合はこちらを参考にするといいでしょう。→自営業消費者金融

【事業資金の調達方法】

事業を始める際には必ず必要になる事業資金。どんなに小さな事業であってもある程度の費用はかかるものです。この事業資金をどのように調達できるのでしょうか。

一番理想的なのは、自分で貯めてきた資金を利用し、その範囲内で事業を起こすことです。これを自己資金での起業といいます。自己資金での起業であれば、万が一事業が軌道に乗らなくても借金を抱えずに撤退することが可能です。

ただし、よほど小さな事業であればともかくとして、通常は自己資金だけで事業を始められるほど資金力のある人は殆どいません。

それなので、大抵の場合は事業資金を融資してもらって経営を始めることになります。では、事業資金をどこから調達するのでしょうか。

主な調達先は二つあります。「民間の金融機関」と「公的な金融機関」に分けることが出来るでしょう。

民間の金融機関には銀行、信用金庫、信販会社、消費者金融などが含まれています。民間の金融機関から資金を調達するメリットは、担保などがしっかりしていると多額の融資が受けられることでしょう。

また、地銀など地元密着型の金融機関であれば密な取引をしていくことも可能です。

一方で、民間企業は利潤を必要としているので、こちらがいざ資金を必要としているときに融資引き上げをすることもあり得ます。特に一年更新の短期融資はこうした心配が常に付きまといます。

一方で公的機関の融資は審査が緩めになっていることや、起業したてでも融資を受けられるのがメリットです。