カテゴリー別アーカイブ: 未分類

無利息キャンペーンの活用

無利息キャンペーンの活用

カードローンのサービスを提供している金融機関の中には無金利キャンペーンと呼ばれるサービスを提供しているところもあり、これは借り入れをする際に一定期間であれば利息がかかってこないというサービスになります。

無金利キャンペーンの利用をすることによって完済までの期間が短い場合はまったく金利の支払いをすることなく返済をすることができるわけですが、反対に完済までの期間が長い場合は無金利キャンペーンが終わった後は通常金利での返済がスタートします。

無金利キャンペーンを提供しているのは消費者金融が多くなっていますが、これらの金融機関というのは基本的に金利が相対的に高くなっていることから完済までの期間が長い場合だと支払う金利は多くなる可能性もあります。

まずは返済シミュレーションなどのツールを活用してどれくらいの完済期間になるのかということを調べておく必要がありますが、それから起算して無金利キャンペーンがある方が得かどうかということを考えていくとよいでしょう。

お金を借りる場合はどれくらいの借り入れが必要になるのかということを事前に考えておく必要もありますが、借り入れをする金額に対してかかってくる金利の高さもポイントになります。

また、それぞれの金融機関によってカードローンの借り入れ条件などは異なっているので事前に確認した上で自分の状況などから借り入れができる金融機関を探して申し込みを進めていくようにしましょう。

カードローンは使い道が自由となっているので、様々な用途で利用することが出来るので便利ですよね。

様々な用途で利用できるといえば、クレジットカードも同じように利用することが出来て便利です。クレジットカードの場合は、お金を借りるわけではないんですが、現金がなくてもショッピングなどをすることが出来ますからね。

ネットショッピングもカードがあれば便利です。数あるクレジットカードの中でも、エポスカードがお勧めですよ。

年会費無料なので、仮に使わなかったとしてもお金がかかる心配もないので、作っておくといいですよ(‘ω’)ノ

借り換えローンとしての利用

借り換えローンとしての利用

カードローンに申し込みをして借り入れをする場合に借り換えローンとしての利用というのも選択肢として有りますが、特にこれまで消費者金融や信販会社など相対的に金利が高いと言われている金融機関でキャッシングのサービスなどを利用していた場合は銀行のカードローンに借り換えなどもおすすめになります。
銀行のカードローンは総量規制の影響を受けないことやまとまったお金の借り入れをすることができること、他にも金利が低いなど借り換えローンとして活用することのメリットは大きくなっています。

ただし、最近は消費者金融や信販会社の中にも低金利でサービスを提供するところが増えていることから必ずしも銀行の金利の方が低くなっているというわけではないのでその点には注意する必要もあります。

借り換えローンとしての利用をする場合に繰り上げ返済が前提として入ってくるため、このタイミングで手数料などがかかってこないのか心配という人もいるかもしれませんが、カードローンであれば手数料がかかるようなことはありません。

銀行の場合は専用の借り換えローンのサービスが提供されていることもあるので事前に確認してから借り入れを進めていくということがおすすめであり、どれくらいの借り入れになるのか確かめておくようにしましょう。

借り入れ診断などのツールを利用することで実際にどれくらいの借り入れができるかどうかについても把握することが出来るのであらかじめ調べておくと良いでしょう。

借金をまとめるための利用方法

借金をまとめるための利用方法

カードローンは利便性の高いローンとして人気を集めていますが、さまざまな目的で利用することができるようになっているので自分にあった借り入れを進めていくことができるのも魅力のローンになります。

複数の金融機関からお金の借り入れをしている場合はそれぞれ借りている金融機関に対して返済の義務が生じることになるので返済負担が大きくなってしまいますが、借金を一本化することによってスムーズな返済ができるようになることもあります。

このように複数の借り入れ先がある場合は一つにまとめるためにお金の借り入れをすることもあるのですが、その借り入れの方法としてもカードローンはおすすめとなりまとまった借り入れをする必要があります。

また、既存の借金と同じ金額を借り入れないといけないので総量規制がかかってくるという点にも注意しなければなりませんが、銀行であれば総量規制がかからないことからおまとめローンとしての活用をすることができます。

借金をまとめることで返済する先が一つになるので返済忘れなどをする可能性も減らすことにつながりますが、一方で返済する先が減ったことで約定返済が少なくなるので元金の減りは小さくなる可能性もあります。

少しでも早く完済をしたいというのであれば借金をまとめた後もこれまでと同じくらいの返済額で進めていくことが望ましく、早期完済をすることは金利の返済負担も小さくなるので負担も小さくなるメリットがあります。